2017年01月23日作成

2018年12月05日13時更新

 

●2018年12月のお知らせ


もう師走となった。やはり忙しい。自分で忙しくしているだけ、と言われているが…。
12月は1日と2日は、学生引率で、別府行き。ホテルニューツルタに泊まります。
1日はツルタでランチを食べて、午後から路地裏散歩。そして、時間をみて入湯。
37人の学生が参加します。人気の実習になりました。街中でお会いましょう。ガイドは、いつものベテランガイドにお願いしました。
ランチの時に、名人会の理事長の講話を予定しています。よろしくお願いします。

その後、職場では、会議の連続。毎週のように会議がある。ヒトの一生を決める会議もあるので、神経を使います。と言いながら、時間を探して、能登には2回ほど帰省します。たぶん雪の心配はないと思います。マイレージ稼ぎです。

現在、卒論の読み返しをしており、かなり疲れます。大阪時代は3年生から積み重ねがあったので、スムーズだったが、ここでは「いきなり」の提出が多いので、困りもの。まあ、12人が卒論提出を目指しているらしい。

原稿執筆は、ひと休みだが、「温泉地域論講義ノートー第3訂版」の作成がある。いつもギリギリで印刷所なかせなので、今回は2月末の完成を目指したい。

それから「旅館の定義と発展に関する研究」(仮題)の執筆準備もしたい。共同研究なので、当方が素案の作成を担当する予定。

ところで、12月25日から4泊6日でチェンマイ行きとなる。マイレージ3.8万点を使用した。フクラハギが固いので、マッサージ三昧となる。
一応、温泉調査なども行う予定。25日の夜は、ロータリクラブで卓話を行う予定。テーマは、いつもの「Hot Spring in Japan」。
12月30日の8時に福岡へ戻るが、夕方のソニックで別府に行く予定。31日の1日は、仲間と一緒に温泉めぐりとなる。

(未完)

2018年度URA研究課題&概要

研究課題

国内外における観光地域の地理学的研究

研究概要

ライフワークである観光地域の研究では、特に温泉地域・都市・農村などを対象に地理学的な研究を進めており、その研究範囲は国内外に及ぶ。現在、継続している研究の概要は、次のとおり。


1.温泉地域の研究

  • 中国の研究:主に北京市小湯山温泉、山西省の上湯頭村の温泉に関する研究
  • タイの研究:主にタイ北部・チェンマイ周辺の温泉に関する研究
  • 国内の研究:主に別府・由布院・黒川の地域研究

2.都市の研究

  • 外国の研究:主にパリ・北京・バンコク・チェンマイなどの研究
  • 国内の研究:主に小樽・東京・神戸・広島などの研究

3.農村の研究

  • 能登半島・紀伊半島などの研究


What's NEWS(2018年度)

※これ以前は、過去の更新履歴のページをご覧ください。